霊園やペット霊園のことなら!

霊園の歴史

日本での初の霊園は1923年(大正12年)に開園した多磨霊園です。その公園形式の墓地は今までの墓地の暗く非衛生的なイメージを一新する、画期的なものでしした。そしてそれ以降に作られた霊園は、ほとんどが多磨霊園をモデルにしています。またある特定の宗教や宗旨、宗派にとらわれないで何方でも埋葬が可能なため、人気を得ました。


その霊園の運営は都道府県や市町村などの自治体が主体の公営と財団法人または宗教法人が事業の主体の民営があります。公営は比較的、費用が安く、民営は墓石などに自由度があることが大きな特徴です。最近はペットも埋葬したいというニーズに応え、ペット用の霊園もあります。


霊園も時代と共に変化しています。郊外は公園墓地形式が依然主流ですが、都市部では土地を有効活用したビル内の屋内霊園が増えてきました。またより多く埋蔵できる永代納骨のロッカー式納骨堂や自動倉庫式の納骨堂などもあります。割り切って墓石等が必要ないという方には合葬埋蔵の施設も存在します。


最後に霊園の価格についてですが依然、公園墓地形式の霊園が高額で永代使用料、墓石代、年間管理費と合わせると数百万単位になります。それより比較的に面積の小さい屋内霊園は数十万から数百万、ロッカー式納骨堂には数十万です。合葬埋蔵に至っては数万円で購入できます。自分に合った予算と考え方で霊園も選べる時代になりました。


ペットといえば霊園の需要がさらに高まっていますので、このようなシステムができてきたのは非常に喜ばしいことだと思います。ペットブームの到来によりペットを飼う人が増加傾向にありますので当然のことだと思います。霊園を使うには土地という大きな問題がでてきますが、先祖をまつるという大切な場所ですのできちんと管理できる場所を選ぶべきですね。

霊園を探す前に! | Comment(1) | TrackBack(0) | 霊園

霊園の種類

霊園は宗教や宗旨・宗派の制限はほとんどありません、何方でも墓地を持つ事ができます。1923年(大正12年)に開園した日本初の多磨霊園は広い土地に公園風に作られた共同墓地で、その公園形式の墓地は今までの墓地の暗く非衛生的なイメージを一新しました。それ以降に作られた霊園は、ほとんどが多磨霊園をモデルにしています。


運営団体により霊園は大きく分けて2種類あります。都道府県や市町村などの自治体が管理運営している「公営霊園」と財団法人または宗教法人が事業の主体になる「民営霊園」があります。公営は比較的費用が安く、民営は墓石などの自由度が高い事が特徴です。最近ではペットは人間用の墓地に埋葬できない為、ペット用の霊園もあります。


霊園も時代と共に変化しています。郊外は公園墓地形式が依然主流ですが、都市部では土地を有効活用したビル内の屋内霊園が増えてきました。またより多く埋蔵できる永代納骨のロッカー式納骨堂や自動倉庫式の納骨堂などもあります。割り切って墓石等が必要ないという方には合葬埋蔵の施設も存在します。


高額と思われてきた霊園の価格も最近では様々です。公園墓地形式の霊園は永代使用料、墓石代、年間管理費の合算で依然、数百万単位になりますが、より面積の小さい屋内霊園は数十万から数百万です。ロッカー式納骨堂に至っては数十万で購入できます。合葬埋蔵になると数万円です。埋葬の考え方にもよりますが、何方でも霊園が購入できる時代になったと言っても過言ではないでしょう。


最近では自分が亡くなった時のために予め保険になど入っておき霊園代金を用意しておく人がいるようですね。もちろん子供や周りの人を気遣ってのことなんでしょうけどもね。このような人それぞれの状況にあわせた霊園ができているのはとても素晴らしいことだと思います。やはり亡くなってから行く場所がなくなるというのは寂しいことですからね。

霊園を探す前に! | Comment(0) | TrackBack(0) | 霊園

霊園とは

霊園とはそれまでの墓地が持つ暗く非衛生的なイメージを一新する広い土地に公園風に作られた共同墓地のことです。日本初の霊園は1923年(大正12年)に開園した多磨霊園です。それ以降に作られた霊園は、ほとんどが多磨霊園をモデルにしています。その後、霊園は地方都市へも広がっていきました。霊園の大きな特徴はある特定の宗教や宗旨、宗派にとらわれない事が挙げられます。


都道府県や市町村などの自治体が管理運営している霊園「公営霊園」と財団法人または宗教法人が事業の主体になる「民営霊園」があります。特徴として公営は費用は比較的に安く、民営は墓石などに自由度があります。最近のペットブームでペット用の霊園もあります。これはペットは人間用の墓地に埋葬できない為に作られました。


現代の霊園のスタイルは様々で郊外では公園墓地形式が主流で、都市部ではビル内の屋内霊園が主流になってきました。特に最近では小さいスペースにより多く埋蔵できる永代納骨のロッカー式納骨堂や自動倉庫式の納骨堂なども増えてきました。そして墓石等も必要とせずただ埋葬だけをしたいという方には合葬埋蔵がお薦めです。


気になる霊園の価格ですが、その内訳は大まかに永代使用料、墓石代、年間管理費となります。一番高額なのは公園墓地形式で墓石代を含めると数百万単位になります。面積の小さい屋内霊園は数十万から数百万、ロッカー式納骨堂は数十万、合葬埋蔵は数万円から利用できます。埋葬に対する様々な考え方によって霊園も選択できる時代になりました。


霊園の様々な形式を説明してきましたが、やはり一番人気があるのは公園墓地形式でしょう。一般的に墓地というとこの形式を連想する人も多いですからね。いろんなことを考えてみると自分に合った形式を選ぶのが一番良いのですがなかなか金銭的な問題や環境的な問題がありますからね。そのためいろんな形式があることを覚えておきましょうね。

霊園を探す前に! | Comment(0) | TrackBack(0) | 霊園